北海道 札幌近郊で保険相談受付中!ipad2を使ってわかりやすくご説明いたします。

あらゆるニーズにお応えする保険情報サイト。満足いくまでお選びください。

在宅医療のための医療保険

在宅医療のための医療保険

ほとんどの医療保険は、
入院しないと保障を受け取れません。

でも、
最近の医療はなるべく入院をさせず
通院や在宅医療の方向に進んでいると
思うのです。

通院、在宅医療のための医療保険は
どんなものがあるでしょうか?

医療保険説明

医療保険は、
病気やケガを治療するために
入院したときの保障をするもので、
入院1日について5,000円とか
10,000円といった定額保障がほとんどです。

通院給付金が特約でついている医療保険もありますが、
入院給付金支払いの対象となる
入院をした後の通院であることが条件です。

まったく入院せずに、通院だけで
治療を受けているケースは
給付金支払の対象とはなりません。

入院日数にかかわらず、
所定の病気やケガであると診断された場合に、
その病名ごとに決められた給付額が
受け取れる医療保険が発売されていますが、
給付金を受け取るための前提条件は
「2日以上の継続入院をすること」です。

ガン保険では、
特定の治療を受けるための通院は、
入院の有無にかかわらず
給付金が支払われるものもあります。

また、末期医療の段階で入院から
在宅医療に切り替えた場合も、

一定の要件を満たせば
入院給付金が支払われるというものもあります。

医療保険では、日帰り手術でも
手術の種類に応じた給付が受けられたり、

1泊2日の入院から
入院給付金が支払われるタイプのものも
多くなってきました。

ご自身が加入している健康保険では、
そもそも1カ月当たりの医療費の

自己負担額の上限はいくらか、
福利厚生制度で
どの程度の保障が得られるかを確認し、

貯蓄額も考慮した上で
医療保険の必要性を考えましょう。





a:784 t:1 y:0

コメント



認証コード2339

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional