北海道 札幌近郊で保険相談受付中!ipad2を使ってわかりやすくご説明いたします。

あらゆるニーズにお応えする保険情報サイト。満足いくまでお選びください。

アフラックも保険料据え置き 生保の競争激しく

アフラックも保険料据え置き 生保の競争激しく

アフラックは
4月以降も、医療やがん保険の保険料を据え置く。

アフラックダック

主力商品で据え置くのは日本生命保険、かんぽ生命保険に続き3社目。

保有契約件数が民間生保で最大のアフラックによる値上げ見送りで、
保険の価格競争が一段と激しくなる。

保険料の据え置きを決めたのは、
値上げで新規契約が減少しかねないとみているためだ。

30歳男性が
1日1万円の入院給付金の終身がん保険に加入したときの
保険料は毎月約2200円、
終身医療保険では毎月約3400円を維持する。

学資保険や終身保険など一部商品の保険料は上げる

最近は
医療やがん保険などの「第3分野」が
生保の販売競争の主戦場になっている。

損保系生保などが割安な保険料や保障内容の充実で
攻勢をかけるなかで、
保険料据え置きで対抗する。

金融庁は
4月から生保各社の保険料算出の基準となる
標準利率を引き下げる。

大半の生保は標準利率に連動して
主力商品の想定運用利回りを引き下げ、
その分元本の保険料を上げる。

保険料を上げないと
生保の負担が増えるのが理由だ。





a:699 t:1 y:0

コメント



認証コード5706

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional